寝屋川・門真 和太鼓クラブ|年齢の垣根を越え一緒に楽しみましょう!和太鼓×伝統芸能 寝屋川・門真 和太鼓クラブ

「よしもと」と「寝屋川市立市民会館」のコラボ第2回市民会館フェスティバル

「よしもと」と「寝屋川市立市民会館」のコラボ第2回市民会館フェスティバルに伝統芸能(イベント出演専門)クラスが南京玉すだれで出演しました。

南京玉すだれ はじまりはじまり~

午前に別の出演があり、それを終えて急いで寝屋川市民会館へ移動。早速玉すだれの衣装に着替えスタンバイ。多くのお客さんにご来場頂きました。寝屋川和太鼓クラブの仲間の皆さんも来て頂きました。出演団体は全部で4団体。玉すだれの出番は一番最後。前口上でスタートし、玉すだれの技を次から次へと披露。拍手を頂いた場面もいくつかありました。拍手は演者のパフォーマンスを一段と乗せてくれる。

大きな、魚が釣りあがる~!

大きな魚が釣りあがった瞬間拍手が起こる。橋を出してすぐに釣り竿に変化させなければならない場面。タイミングを計るのが難しい所。この間にもう一人の演者が魚をつくる。これも素早くやらないと釣り竿を上げる演者とのタイミングがずれてしまう。呼吸が合わさなければならない。写真では見事に二人呼吸があって大きな魚が釣れました~!

 

ラブラブ♡に早変わり~

これも拍手が起こる。阿弥陀如来の後光からハートに玉すだれを変化させる。ラブラブ♡に早変わり!これを結婚式の披露宴で演じると大変喜んでもらえる。
ハートの下の持ち手を少し内に曲がるようにしないとハートにならないので注意が必要だ。演者も楽しそうである。

枝垂れ柳に~ 早変わり~ 

玉すだれのクライマックスと言えばご存知枝垂れ柳である。枝垂れ柳に~早変わり~ というセリフは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。両手に玉すだれを持って一気に前方に押し出す。すると見事に枝垂れ柳に変化する。ここで一段と大きな拍手が起こる。これも素早く柳が出せるように玉すだれを操らなければならない。何回も練習が必要な所だ。枝垂れ柳に~早変わり~!決まった所で演者はお囃子に乗って軽快にはける。

 

司会のスパンからインタビュー

この日の司会はよしもとのスパン。演技終了後スパンからインタビューを受ける。出演者に突っ込みを入れ、笑いを取りながらインタビュー進行。途中スパンが玉すだれを体験する。この間が良かった。当然会場に笑いも起きる。玉すだれの演技が一方的に終わってしまうより、その後体験コーナーを設けることによって、会場の皆さんとの距離感がなくなり、玉すだれをより親しんでもらえる時間ができスパンの体験は非常に良かった。最後に出演者全員で記念写真!